ドローン

2020年6月18日 (木)

MAVIC 2 ZOOM 久しぶりのフライト

Zoom1

ドローン規制エリア外で周りに誰もいないのを確認して20分間飛行しました。

所有してる4機の中で一番安定したフライトで安心出来ます。

テイクオフした場所ホームポイントを記憶するため、自動帰還をクリックした

だけでホームポイント10cm以内(写真下)に戻って着陸しました。

短時間の空撮動画はYoutubeにアップしました ☟

https://www.youtube.com/watch?v=eEyX_nkzHjA

Zoom2

2020年6月12日 (金)

DJI spark

Spark1_20200611052801

先週末移動運用先でDJI sparkを飛ばす予定が雨になり中止しました。

2個のバッテリーをフル充電にしてたので帰宅し裏庭で半分の容量までフライト。

ドローンのリポバッテリーはフル充電したまま放置してると寿命に影響があります。

ただDJI社は自然放電機能がありますので大丈夫です。

このsparkは既に生産中止ですがドローン教室ではphantom,MAVICに比べて小型

のため生徒に練習させるにはお手頃のドローンで好まれてるようですが、生産中止

になったので嘆いている学校もあるようです。

どんどん進化した製品が発売され古くなった感はありますがお手軽に飛ばせるので

遠出には持ち歩いてますが、300gのためドローン規制エリアでのフライトは気を

つけてます。

Spark1_20200611051601

2020年6月 2日 (火)

鳥よけシート点検

1_20200531114801

鳥がTVアンテナに止まりその下は糞で汚れてましたが、昨年外壁塗装工事で

足場がある間にamazonで買った「鳥よけシート」を取り付けました。

ドローン(MAVIC PRO)で点検しましたら1年経った今でも糞もなくシートの

取り付け状態も確認出来ました。

シートをアルミ針金で取り付ける際は脚立使用のためヘルメットと安全帯を

付けて安全作業をしました。

2020年6月 1日 (月)

過放電放置に注意

Photo_20200530232601

以前移動運用から帰りそのまま放置してたバッテリーは過放電で充電性能が低下

3年以内で廃棄しました。

写真左側のバッテリーはホームセンターで3,000円/個ですが常に充電チェツク

してるので6年間使用してますが問題ありません。

右側のドローン用バッテリーはそれぞれ1回使用してそのまま放置してたので

劣化して充電不能になりました。

1個1万円以上なので勿体ないのですが修理不能です。

ドローン用のリポバッテリーはフル充電したままにしてるとよくありません。

DJI用バッテリーは自動で放電するようですが常に50~60%に保ち月1回位は

作動動作した方が良いそうです。

 

 

2020年5月27日 (水)

spark 作動点検

2020524-spark1

DJI spark 1ヶ月ぶりに作動点検、バッテリー充電して短時間飛行しました。

このドローンはリポバッテリーなのでフル充電したまま放置してると寿命が短く

なりますがドローン自体に放電機能がありますが充電は50%前後で保管しており

フライト前に充電するようにしてます。

sparkも既に生産中止で購入して2年半になり古さを感じるようになりました。

ハンドリリース&キャッチしない場合はランディングマットを使用をしましょう。

砂やゴミがモーターに入り込んで故障の原因になります。

小型ドローンでは写真下のようなダイソーで買った100円のシートを使用してます。

2020524-spark

2020年5月25日 (月)

ドローンバッテリー

Photo_20200524120401

DJI MAVIC PRO は1個のバッテリーをよく使用して、予備の2個のバッテリー

は殆ど使用してませんが久しぶりに充電してみると充電が出来なくなってます。

1回使用して2年間放置してたので充電能力も無くなったようです。

ドローンは定期的にバッテリーを使用、モーターも回してないと故障の原因に

なるので要注意です。

長期間の放置は劣化を伴いますので月1回の作動点検が必要のようです。

 

2020年5月12日 (火)

ドローン4機

Dji

緊急事態宣言がまだ延長中で自宅自粛してるためドローン飛行に行けません。

このDJI 4機で50万円以上し、時々メンテでホバリングテストしてます。

上段のMAVIC PRO、2 ZOOM に比べ下段のMINI、sparkは気楽に飛ばせますが

MAVIC MINI 以外の3機は機体が200g以上なのでどこのエリアでも 人、工作物

建物とは30m以上離す必要がありますが国交省申請許可あれば航空法許可エリア

ではフライトも可能です。

また国交省許可申請の際に安全上プロペラガード設置義務があります。

2020年4月 9日 (木)

MAVIC MINI & spark

Sparkmini

学校が始まり公園に子供たちがいない時間帯で周りに誰もいないのを確認して

DJI MAVIC MINI & spark 飛行テストしました。

MAVIC MINI はスマホ、sparkはタブレット(写真上)でモニターしながら

2機同時に飛ばしてみました(写真下)。

午後から散り始めた桜を見ながら弁当を食べる方がこられたので早々片付け

帰宅しました。

空撮動画はYoutubeにアップしました ☟

https://www.youtube.com/watch?v=VsrHdO5jw24

Sparkmini1

2020年3月30日 (月)

古くなったDJI spark

2020321-tv

DJI sparkでTVアンテナ点検しました。

sparkも2年半になり古さを感じるようになりました。

既に生産中止になり、昨年末発売になったMAVIC MINIの方が安価で軽量ですが

風が無い日は安定したフライトが出来ます。

2020年3月 3日 (火)

MAVIC MINI レビュー

2020224-mavic-mini

2020224

DJI MAVIC MINI も3ヶ月になり感想レビューします。

199gのため航空法適用外になり規制がないエリアで気軽に飛行出来ますので

他のドローンに比べて扱いやすいですが、軽量なので強風時はホバリング時は

GPSで留まる事が出来ますが飛行中は流されるので要注意です。

また障害物センサーがないため周りに気をつけプロペラガード装着が望ましい。

DJI純正以外のオプションを装着されてる方も多いですが、プロペラガードを

除いて200g以上になり従来のドローン規制適用になるので注意が必要です。

プロペラとモーターとの隙間も気になり砂や埃が入らないよう離発着も要注意。

最近無許可の飛行が増えてるので近々200gを超えるドローンは全て国交省へ

登録が必要になるそうです。

Photo_20200229144101

 

 

より以前の記事一覧