年金生活

2018年6月21日 (木)

散髪

Q


年金生活になり美容室も行かなくなり、1,080 円カットをよく利用してます。

この時期は暑くなり毎年この頃は長髪をばっさりカットして坊主にしてます。

今回も7分刈りして貰いスッキリしました。

お陰で白髪が良く目立つようになりました。

2018年6月 7日 (木)

市民税・県民税

Photo


今年度の市民税・県民税支払額通知書が届きました。

昨年度は前年度のアルバイト収入があったので¥91,900 でしたが、昨年は

アルバイト収入なく年金だけでしたので¥5,500 でした。

年金も国民健康保険料と介護保険料が強制天引きのうえ、Ⅱ期からは年金

天引きのようですが僅かでも毎月手取り10万円から引かれるのは厳しいです。

2018年2月17日 (土)

確定申告

Photo


16日から確定申告受付になりetaxでも良かったのですが確定申告書Aを提出

してきました。

受付まで10分で終わりましたが、3時間待ちの所もあったようです。

年金収入だけで低額なら申告しなくても良いと税務署に言われましたが毎年

確定申告して還付金が戻ってます。

今回は前年度にアルバイト収入があったので社会保険料が高く、支払医療費

も10万円を超えてたので 2万円位還付がありそうです。

以前は医療費の領収書添付もありましたが、下記医療費控除の明細書記載

し添付で良いそうで、用紙は国税庁のHPからダウンロード出来ます。

Photo_2

2018年1月24日 (水)

源泉徴収票

Photo


来月の確定申告に近づき源泉徴収票が届きました。

途中年金から国民健康保険料と介護保険料が強制的に天引きされましたが

前年度アルバイトで収入があったため1年間支払ったのは33万円でしたから

年金支給は112,000円/月なので生活保護者より少ない厳しい金額です。

母の介護もあり会社から早期退職させられ、途中から国民年金への支払い

にしたので定年退職組より大幅にダウンです。

今春からアルバイトをしないと老後は大変なことになりそうです。

車とBIKEを交互に買い替えて貯金しなかった自分を責めても仕方ないので

前向きに考えて生きます。

2017年12月30日 (土)

年賀状

Photo


今回は年賀状代は52円のままで据え置きされるようですが、1/8以降の発送

10円追加になります。

以前は毎年年賀状200枚発送し1万円以上掛かってましたが、賀状貰っても

数秒で見終わり無駄な日本人の風習のように感じだしました。

ここ数年で年賀状発行枚数もどんどん減少しSNSに推移してます。

私のように年金生活者には1万円の余裕も無くなりましたので、今回からSNS

メール、facebook、LINE等でのご挨拶になりますので、SNSで連絡出来ない方

には今後音信普通になります。

2017年6月22日 (木)

国民健康保険料

Photo


今年度の国民健康保険料決定通知と振り込み用紙が送られてきました。

一昨年に比べ昨年はアルバイト収入が少なかったので、昨年度より10万円安くなり

介護保険料は年金から強制引き落としで、介護保険料合わすと今年度は31万です。

今年はアルバイトの予定ないので、来年度の社会保険料はもっと少なるなると思い

ますが年金生活者には厳しい負担です。

2017年6月10日 (土)

年金

Photo


国民年金と厚生年金合わせての支給額通知が届きましたが 131,497円/月とだんだんと

支給額は少なくなってます。これから固定資産税、国民保険、市民税県民税(写真下)や

車の税金保険を引いていくと毎月大赤字生活で僅かな貯金を食いつぶしての生活になる

ので生涯働いて収入を得ないと老後破産は近い将来訪れます。

医療費も増えてますので生活保護の方が生活は楽になるかも分かりません。

市民税県民税も昨年に比べ 7万円安くなりました。今年から年金も少なくなりアルバイト

収入も無くなる予定なので、各税金社会保険料は安くなる予定ですが、赤字生活が続く

のは間違いありません。

1

2017年4月11日 (火)

固定資産税

1


今年分の固定資産税他の通知書が届きました。

25年前に2階建プレハブ住宅に建て替えした年に比べたら半額以下になりました。

でも年金生活者にとっては厳しい金額です。

食生活だけでしたら何とかなりますが、各税金、国保、車、BIKEの維持費分は毎年赤字

ですので、僅かな貯金を切り崩しながら倹約生活しております。

2017年3月23日 (木)

家計簿

1490067384774


昔から家計簿は几帳面につけて無駄な出費をチェックしてます。

昨年からExcel で集計、確定申告用の医療費(写真上)、社会保険料も支払い時に集計

してますので、確定申告の際慌てることなく申請書は直ぐに作成出来ます。

今年も3ケ月で医療費が3万円オーバーになり、この調子でしたら10万円超えそうです。

しかも昨年は年金にアルバイト収入があるので社会保険料が来年度は高くなりそうです

ので、来年度の確定申告ではまた還付がありそうです。

2017年3月 3日 (金)

確定申告還付

1488440165055


先月受付開始日に確定申告申請(B)し還付金決定通知が届き上記金額が戻ります。

年金受給者で100万円以上のアルバイトしましたが、会社より貰う給与から税金や社会

保険料は引かれず、確定申告で相殺する予定で会社、税務署と事前打ち合わせをして

ましたので、今回は確定申告Bの書類提出でした。

そのまま通常給与支給されていたら、毎月の収入の上限額から大幅に超えていたため

年金カットされてました。

アルバイト中の車の点検保険料等は必要経費で落とせましたし、前年度も同じく年金と

アルバイトで収入額が多いため国民保険料介護保険料が月4万円と高額納付してたの

で社会保険料控除で還付になったようです。

29年度は今回の確定申告収入額から国保介護保険料が決まり、また1年高額支払い

年金も今年より下がり収入が下がるので次回も還付がありそうですので、確定申告A

を申請書提出予定です。

より以前の記事一覧