書籍・雑誌

2021年10月24日 (日)

市立図書館

Photo_20211021172301

コロナ感染者も少なくなり先日まで閉館だった市立図書館で借りてきました。

読みたい本はネットで予約しますが、比較的に汚れてない本を適当に借りてます。

最近はこの著者の作品が多いです。

Photo_20211021172302

2021年9月10日 (金)

市立図書館閉館中

Photo_20210904214101

コロナ感染予防のため市立図書館は閉館中のため貸し出しはネット予約のみです。

「ストロベリーナイト」「武士道シリーズ」の誉田哲也作品に嵌ってこの2冊を予約

して借りてきました。

「シンメトリー」は姫川シリーズの短編集で読み易いです。

図書館で借りる際は比較的綺麗で汚れてない本を適当に2~3冊借りてましたが

予約してる本が少し古く汚れていてますがカバー付けて読み始めました。

2021年5月10日 (月)

図書館休館

Photo_20210509121201

コロナ感染者が増え本日から来月初めまで市立図書館が休館になりました。

HPで知って前日適当に3冊借りてきました。

休館を知ってか多くの方が来られ館内は混雑してました。

今月もStayHomeで読書と無線です。

2021年4月 1日 (木)

村上海賊の娘

Photo_20210329214001

百田尚樹の“海賊とよばれた男”は映画より小説の方が面白かったですが村上水軍

とは全く異なるお話です。

ブラタモリで村上水軍能島を見て興味が湧いて市立図書館で借りて一気に読破。

同名作家作品の“のぼうの城”は劇場で見ましたが「村上海賊の娘」はまだ映画化

されておらず和田氏と同窓生の綾瀬はるか主演が似合いそうです。

壮絶は海賊船同士の戦いはCGを駆使しても製作費は膨大になりそうです。

城跡があった能島を対岸からドローンでズームを使って撮影したいものです。

Photo_20210329213901

 

2020年11月30日 (月)

青春の門

9

単行本は35年前に購入しこれまで数回読み返してます。

挑戦篇と風雲篇は図書館で借りて、この漂流篇は3/10にネット予約し8ヶ月半で

やっと借りれて 3日で読破しました。

次回第十部は只今連載中ですので刊行されるのは数年先になりそうです。

第九部では信介がシベリアで知り合ったドクトルと、織江の周りでレコード業界

を取り巻く連中とが第十部で繋がっていくストーリーが待ち遠しいです。

2020年5月30日 (土)

図書館全面開館

1_20200529162401

昨日から市立図書館もコロナの影響で一部サービスから全面開館になりました。

3ヶ月ぶりに3冊借りてきましたが、知らない方も多く閑散としてましたので

返って良かったように思います。

コロナ感染対策だけはされてました(写真下)が第二波がくればまた閉館に

なるんでしょうね。

Dsc_0010_20200529162401

2_20200529162401

2020年5月10日 (日)

読書

Photo_20200507062201

市立図書館もコロナ感染予防で閉館したままで本も借りれないので、我が家の

書棚に眠ってる単行本を読みだしました。

こちらではサービス開始までまだ10日位掛かりそうですが全国的にはだんだん

図書館の利用も出来始めつつあるようです。

写真下の「雑学おもしろ読本」は読み返すと色々勉強になります。

Photo_20200507062202

2020年4月20日 (月)

読書

Photo_20200413162201

コロナ感染防止で市立図書館も来月17日までサービス休止延長されました。

久しく本も借りてませんが、知人から貰ったこの単行本を読み始めました。

暫く繁華街にも出掛けてませんが、東急ハンズに欲しい物があり買い物に

予定してましたが、県知事から平日も自宅自粛要請が発令されましたので

中止し楽天市場に注文しました。

金額的に送料無料で楽天ポイント3,000円分安く注文できました。

この商品またご紹介しますが自宅自粛して遊べます。

2018年12月 1日 (土)

読書

1

月に2回ペースで図書館で行って2冊づつ借りてます。
ネットで話題作や読みたい本を予約してましたが、最近は書棚に並んでる
小綺麗な本を適当に選んでますので途中面白くなければ止めます。
各区の図書館の読書スペースには朝から高齢者の方が多くなりました。
早朝の映画館、山、図書館は高齢者が目立つようになりました。

2018年9月17日 (月)

読書

Photo

図書館で借りてこのノンフィクション作品を読み終わりました。
終戦の1ヶ月前、木枠に布張りの練習機に250kgの爆弾を搭載して17~18歳
の少年がよろよろ飛行して敵艦に向かった最後の神風特攻隊になりました。
こんな無謀な馬鹿げた命令を出した司令官は「あとからついていく」と言いな
がら終戦のあとは90歳まで長寿を全うしたそうです。
神風特攻を立案したと言われる大西瀧治郎は腹を十文字に切り切腹したが
すぐに死にきれず無様なままでその夕方に亡くなったそうです。
神風特攻で亡くなった若者たちの記念碑は宮古島に建立されてるそうです。
亡くなった若者たちは今の世の中、日本をどう見てるのでしょうか?

より以前の記事一覧