映画・テレビ

2023年1月19日 (木)

TVドラマ

Photo_20230116134201

またTV新ドラマが始まりました。

面白そうなのが韓国のパクリと評判なのが「リバーサルオーケストラ」

期待してなかったがコメディ風な「警視庁アウトサイダー」

「罠の戦争」と、“義母と娘のブルース”の脚本に似た「100万回言えなかった」

は何とか見てます。

医療ドラマは高視聴率を保ってましたが大きく落ちた「Get Ready」と安っぽい

CGで爆発シーンや玩具の銃でのアクションシーンでの「大病院占拠」はどちら

も冒頭の10分でくだらないドラマだと見るのを止めました。

Photo_20230116134101

2022年12月21日 (水)

最新作レンタル映画鑑賞

20221216

週末はTSUTAYAで最新作映画110円/枚で8作品鑑賞しました。

「ジェラシックワールド 新たなる支配者」 評価 ★★★☆☆

 シリーズ6作品目で三部作の3作品目の完結編。29年前の1作品目は感動する

 がだんだん飽きてきました。

「ブレッド・トレイン」 評価 ★★★☆☆

 原作は仮坂幸太郎の小説で舞台は日本の新幹線内でのアクションシーン。

 ブラッド・ピット、真田広之やワンシーンで思わぬ俳優出演のコメディ。

「白頭山大噴火」 評価 ★★★☆☆

 韓国のCG特撮は日本の技術より上です。大噴火を止めるために北朝鮮の核

 を奪うという奇抜なストーリーでした。

「ウェイダウン」 評価 ★★★★☆

 製作はスペイン。財宝を保管してるスペイン銀行の金庫を奪うお話し。

「Mr.コップ&Ms.スパイ」 評価 ★★☆☆☆

 原題:LOVE ON THE ROCK 元刑事と女スパイの恋とアクション作品。

「バッドマン 史上最悪のヒーロー」 評価 ★★★☆☆

 バッドマンの主役が事故で記憶喪失し自分はバッドマンと思い込んで様々

 なトラブルを起こすコメディでした。

「ピクシー 復讐と逃亡」 評価 ★★☆☆☆

 若い悪女の犯罪ストーリーで製作はイギリス。

「バッド・トレンジャー」 評価 ★★★☆☆

 原題:Dangerous  元特殊部員が弟の葬儀のために島に戻ると旧日本軍

 の財宝を探しにやってくる悪の連中と戦うことになる。

 

2022年12月17日 (土)

TSUTAYA閉店

Img20221216102946

いつもTricityに乗って新作映画を借りてた己斐本町店が来月末で閉店します。

BIKEを手放したばかりで余計に寂しくなります。

他の店では自宅から倍以上の距離と時間が掛かりますが最新作映画はブルーㇾィ

で見たいので我慢して通い続けるかと思います。

他のレンタル店も閉店が多くなったのはamazonプライムやインターネットから

映画を見る方が多くなったからでレンタルは儲からなくなったのでしょう。

今週末も最新作110円で8作品借り映画鑑賞しますのでHF運用はお休みです。

2022年11月29日 (火)

レンタル映画

1125

劇場公開後半年でレンタル新作映画見てます。

今回も8作品、今年 Total 73作品鑑賞しました。

「トップガン マーヴェリック」 評価 ★★★★★

 36年前の続編で予告編以上に楽しめました。

 前作を見てるとより楽しめます。

「ザ・ロストシティ」 評価 ★★★★☆

 58歳になったサンドラ・ブロック主演の冒険、コメディ作品。

 ブラッド・ピットは冒頭シーンで死んだはずがテロップの後に生き返ってる。

「ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード」 評価 ★★★★☆

 豪華俳優陣にアクションとコメディ満載の作品でした。

「峠 最後のサムライ」 評価 ★★☆☆☆

 幕末の長岡藩の河井継之助を役所広司が演じてるが期待外れでした。

「バーニング・シー」 評価 ★★★☆☆

 原題:NordsJoen ノルウェイ製作。

 原油掘削現場での事故で取り残された夫を救出する作品。

「デンジャラス・ガイズ」 評価 ★★☆☆☆

 原作:Ida Red  犯罪ファミリーの作品で面白くないの一言!

「インフィニット 無限の記憶」 評価 ★★★★☆

 輪廻転生しながら“エッグ”の場所を探すアクション満載の作品。

「シャドウ・イン・クラウド」 評価  ★★★☆☆

 第二次世界大戦時女性空軍士官が大型爆撃機に乗り込む。

 銃座に座ってから一人芝居が多く、無名の女優ならまだ評価は低い。

2022年10月31日 (月)

新作レンタル映画鑑賞

Photo_20221029235201

今回もTSUTAYAで110円レンタル映画借りましたがブルーレィ版は貸し出し中。

「ラジエーションハウス劇場版」 評価 ★★★★★

 今回の舞台は岡山県笠岡市の真鍋島にてロケ。TVも毎回見てました。

「とんび」 評価 ★★★★☆

 原作は黒松清で本も読んだしWOWOWドラマも見ました。

 ロケは岡山県ですが広島弁も出てます。

「大河への道」 評価 ★★★★★

 ロケは伊能忠敬ゆかりの千葉県香取市。原作は立川志の輔。

「インディペンデンス・デイ 2022」 評価 ★☆☆☆☆

 予告編に騙された駄作でも出演者は迫力ある演技してました。

 

2022年10月28日 (金)

秋のTVドラマ

Photo_20221027002601

秋のTVドラマが始まりましたが お勧めは実話に基づいた「ファースト・ペンギン」

医療ドラマも数本ありますが「ザ・トラベルナース」は2話迄何とか見れました。

「アトムの童」は初回しか見てません。

その他はNHKの「拾われた男」もまだ2話ですが面白いです。

毎週放映されてる「ドキュメント72時間」も楽しみです。

「Silent」は好評のようですが初回の初めで見るの止めました。

  *

先月の楽天モバイルの請求額は 1,103円/月でしたが6年前auではこんなに払って

ました。(写真下)

その前のsoftbankでは7,000~8,000円/月の時期もありました。

3_20221027135701

2022年10月22日 (土)

準新作レンタル映画鑑賞

B

TSUTAYAで準新作レンタル映画7作品借りて2日間で鑑賞しました。

あまり期待してないB級作品が多かったです。

「キャラクター」 評価★★★★☆

 売れない漫画家が偶然一家殺人事件現場に遭遇し才能を発揮し有名になっていく

 が殺人犯を見てた殺人鬼と最後に戦う、血の苦手な方にはお勧めしません。

「ザ・チェイサー」 評価★★☆☆☆ 

 セルフも少ない悪徳警官役のブルース・ウィルスが出演してるB級映画です。

「Miss.デンジャラス」 評価★☆☆☆☆

 組織犯罪の女性特殊部隊のリーダーが夫を誘惑されアクト対決するストーリー

 ですがパッケージに騙された駄作でした。

「シン・オブ・アメリカ」 評価★★☆☆☆

 原題:American Siege  弾丸が飛びあうアクションがあるが期待外れ作品。

「アウト・オブ・デス」 評価★★☆☆☆

 女性ハイカーが偶然警官が人を殺してる場面を見てしまう。そのハイカーを

 助けるのが元警官のブルース・ウィルスで彼もB級作品に出過ぎですね。

「レジェンド・オブ。ドラゴン」 評価★★★☆☆

 J・チェーンとA・シュワルツェネッガーが共演してるロシア中国アメリカ

 合作作品で何とか最後まで見終えました。

「KIMI サイバー・トラップ」 評価★★☆☆☆

 原題:Kimi  殺人事件の音声を聞き通報しようとするが組織の暗殺者たち

 に狙われる。

Maxresdefault_20221020170701

 

2022年9月12日 (月)

TVドラマ

Photo_20220910215301

毎週見てた「ユニコーンに乗って」は最終回、「六本木クラス」もそろそろ終了。

NHK夜ドラの「あなたのブツがここに」は毎日15分の放送ですが見てます。

「妻、小学生になる」の毎田暖乃(まいだのの)ファンのため毎日が楽しみです。

2022年8月30日 (火)

新作レンタル映画5作品

Photo_20220828171102

劇場映画も封切りして半年後にはレンタル化されるので極力ブルーレィ版を

借りて鑑賞してます。

TSUTAYAでサービス期間中なら1作品が110円です。

「アンビュランス」銀行強盗が人質を連れて逃走劇が始まります。

 デンマーク映画のリメイクですが、マイケルベイが監督すればCG無しの

 銃撃戦カーアクションは凄いの一言でお薦めの作品です。

「イレイザー・リボーン」アーノルド・シュワルツェネッガーのイレイザー

 をリブート。重要証人の安全のため抹消するが組織内に裏切りがあり・・

「355」女性エージェントが活躍するスパイアクション作品。

「ガンパウダー・ミルクシェイク」タランチーノ監督作品を思わせるような

 血が飛び散る銃撃戦でした。

「ヤクザと家族」ヤクザになり身代わりで服役するが社会に戻ってくると

 別世界になって元ヤクザの汚名から抜けきれないまま死んでいく。

Photo_20220828171101

 

2022年8月23日 (火)

怒りの荒野

Photo_20220821164402

先日偶然Youtubeでこの作品を発見し英語の字幕スーパーで見ました。

中高校生の頃はマカロニウェスタンに嵌りほぼ全作見て一番好きな作品で挿入曲

のサウンドトラック盤をレコード店で購入し聞いてました。

ジュリアーノ・ジェンマは交通事故、リーヴァンクリーフは心筋梗塞で亡くなり

ましたが、クリント・イーストウッドやフランコ・ネロと一味違う俳優でした。

50数年前の作品でもストーリーは覚えておりコルト・キャバルリーを買い与える

大事なシーンはYoutubeではカットされてました。

マカロニウェスタンの影響で今だにGUNキチ、好きな映画は西部劇が続いてます。

Photo_20220821164401

より以前の記事一覧